ブログトップ | ログイン

バレンタインデーの肌事情  チョコはニキビに悪いの?
今日はバレンタインデー。この時期に年間売り上げの25%,総額600億円ものチョコレートが売れるという。コンビニもデパートにも今日のための特設コーナーにチョコ,ちょこ,choco。ついついお味見してしまいます。おとといの祝日,表参道の某有名チョコレート専門店の前は30-40人の長蛇の列でした。
『ニキビができたのはチョコレートを食べ過ぎたからですよね?やっぱり悪いんですよね?』
チョコレートはニキビを悪化させる食べ物の代名詞となっています。
チョコレートを食べることに罪悪感を感じている患者さんは少なくないようです。

が,(ずいぶん古い話になんですが・・・)1965年にGrant先生が,『チョコレートを食べすぎるとニキビが悪化すると感じている患者にチョコレートを食べさせる調査』を行いましたが,結果,チョコは無罪でした。
チョコに含まれるカカオ,ポリフェノールはストレスに打ち勝つ,抵抗力を強くするという良い作用もあるわけです。またチョコの甘いいい香りは集中力,記憶力を高めると言われています。テスト前,疲れたときにチョコが欲しくなるのは理にかなっていることなんです。

チョコレートに限らず甘いもの高カロリーの取り過ぎはよくありません。糖分や脂肪分の食べ過ぎによりブドウ糖から作られる皮脂の主要成分であるトリグリセリドが多く作られ,皮脂の分泌を増加させるからです。
(アルコールは一般的に炎症を悪化させるとされていますので,チョコとワインとそれに寝不足が加われば,ニキビが出てきそうです。またごくまれにですがバレンタイン症候群というチョコアレルギーがあります。カカオに含まれるチラミンという物質が血管浮腫をおこし,下痢や鼻血,ジンマシンなどの皮膚症状,ひどいアナフィラキーシーショックを起こすことも。これは要注意!)

まあ今夜は『ニキビが出る〜』なんてあまりストレスに思わないで,チョコを楽しんでください。

Chocolatier Ericaのマシュマロ入りのチョコ『マ・ボンヌ』。 私のお気に入りの一品です。
c0113980_18531743.jpg

# by amc-skincare | 2007-02-14 18:54 | ニキビと食べ物
㊡Fiesta☺☺☺休日便の始まり。  Juice Bar=マンゴー=
Fiesta(フィエスタ)はスペイン語で休日という意味です。
週末には番外編でニキビ以外の話題をお届けしようと思います。
1回目は最近であったマンゴージュースの話。

フルーツは健康でみずみずしい肌のためには欠かせないもの。多くのビタミンが含まれるからです。
ビタミンの女王ともいうべきビタミンCは,シミの原因となるメラニンの生成を抑え,肌のハリをもたらすコラーゲンを増やしますし,ビタミンEは基礎代謝をアップさせ,老化の原因となる活性酸素を消します。また体の免疫力を高める機能性植物性成分やよい香りにはアロマ効果もあります。

先日,あるマンゴージュースに出会いました。その名も
『マンゴー』


c0113980_14242358.gif
c0113980_14265487.gif



アルフォンソマンゴーというキング・オブ・マンゴーでできた無添加無農薬ジュースらしい。
とにかく味は濃厚,とろーっとした感触でまろやかな風味。
230mlで500円とちょっと高級なのですが,「今日は頑張ろう!」というスペシャルな朝にはもってこいかも。自分を癒して,明日からも頑張ろう。
# by amc-skincare | 2007-02-10 23:19 | Fiesta☺ 休日便
日本のニキビ治療の実情。保険診療?or 自由診療?
『保険は使えますか?』
ニキビ治療をご希望の方からよくあるお問い合わせです。
残念ながらニキビ治療を専門的に行う立場からいえば,今の日本の保険診療制度で行える治療法にはかなりの限界があります。
実はニキビにはいくつかの種類があり,炎症のない白ニキビ,黒ニキビ(コメドともいいます)と赤く腫れて炎症をおこした赤ニキビでは,当然治療が違います。
例えば,炎症の赤ニキビには保険診療内で行える抗生物質の飲み薬や塗り薬で対処できますが,コメドに対する治療に有効な外用レチノイドは自由診療(保険適用外)になります。ホルモンの変化に関連して悪化する赤ニキビには,別の種類の薬を使います。

『これらは保険外診療になるんですが。』
またピーリングなどのスキンケアの治療,レーザー,光治療は皮脂をコントロールしたり,肌細胞のターンオーバーを高め,にきびができにくい健康な肌に近づけるエビデンスのある治療です。ニキビあと治療にはトレチノインというビタミンAの誘導体をよく使います。日本ではピーリングなどは美容皮膚科,美容目的のアンチエイジング治療だと思っている方も少なくないでしょう。アメリカなどではこれらの治療はれっきとしたニキビの治療として広く認められています。

保険診療でももちろん一部のニキビ治療はできます。
白ニキビ,黒ニキビ,赤ニキビ,化膿ニキビ,ニキビあとなどに自由診療(ピーリング,レーザー,ニキビの吸引,排膿治療,白ニキビ・にきびあとの薬など)を行うと保険診療で出来る内容もすべて保険外診療となってしまいます。

ご参考までに→ 混合診療について 

でも難しく考えなくても大丈夫ですよ。
保険,保険外にとらわれず,ひとつひとつのニキビにあった治療を見つけること,それが早く治すための近道です。

医療情報誌ピースカフェの保存版に掲載されてます。
c0113980_1625332.jpg


赤井クリニックのホームページ
# by amc-skincare | 2007-02-09 16:08 | ニキビの治療
これってニキビ?・・・吹き出物? にきびに年齢制限あり?
にきびとは漢字で『面皰』と書き,メンポウとも読みます。
広辞苑によれば『思春期の男女の顔・胸・背の毛包に生じる小さな丘疹(きゅうしん)や膿疱(のうほう)。皮脂の分泌が増えて毛孔に詰まり、炎症を起こしたもの。』
『じゃあ思春期を過ぎたものはにきびじゃないの?』
『そう,吹き出物だよ。』
ところで吹き出物は,『皮膚にできる小さなできもの。にきび・湿疹など。』年齢制限はありません。

正しくは,ニキビは『皮脂の分泌が増えて毛穴が詰まった状態。』年齢は関係ありません。思春期に多いというだけで,20歳を過ぎても,30歳を過ぎてもできます。
最近では大人のニキビっていうことばもすっかり市民権を得ました。
『最近吹き出物が・・・』と私のところにいらっしゃる患者さんの90%はやはりニキビなんです。ニキビに年齢制限なし。ですからちょっと厄介なんです。

↓これもニキビ(思春期に多い白ニキビ)です。
c0113980_17502237.jpg

赤井クリニックのホームページ
# by amc-skincare | 2007-02-07 17:52 | はじまり
まるごとにきびのブログのはじまり。
ブログ『まるごとにきび』をオープンいたします。
これは毎日ニキビを見ているにきび医者が,ニキビについての解説や治療法だけでなく,日々,見つけたこと,感じたことにありのまま,まるごと全部お話していくサイトです。
ニキビに悩みをもっている多くの方の悩みにもお答えしていきたいと思います。
ニキビ以外の日常生活の出来事も織り交ぜながら進めていく予定です。
ぜひ気軽にお立ち寄りください。

赤井クリニックのホームページ
# by amc-skincare | 2007-02-06 16:46 | はじまり

赤井クリニック スキンケアでは にきび・にきび跡のプラズマ治療、スキンケア、脱毛に力をいれています。
by amc-skincare
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
横浜新クリニック
プラズマ
はじまり
ニキビの種類
ニキビと食べ物
ニキビの治療
ニキビの原因
Fiesta☺ 休日便
スキンケア
ニキビ痕(にきび跡)の治療
学会・講演
レーザー治療
肌に関する雑記
紫外線
お知らせ
美容皮膚科
巻き爪・爪トラブル
eCO2(エコツー)
にきび
アンチエイジング
以前の記事
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧