ブログトップ | ログイン

<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
紫外線はニキビの大敵!ブレイクする“春にきび”から肌を守ろう!
朝は雨模様でしたが,あっという間に紫外線が降り注いでいる今日です。
紫外線は年中,私たちの肌に降り注いでいますが,3月からしだいに,4月からグーンと強くなります。この春先の紫外線ケアがニキビのコントロールにはきわめて大切なのです。
3月の終わりからニキビの患者さんが増えてきています。
それは紫外線による活性酸素の増加がおこり,それに加えて皮脂の分泌量が多くなる,まだまだ室内,車内はエアコンが効いていて空気は思いっきり乾燥状態。肌がこの環境変化になかなか慣れることができず,ニキビがブレイクしてしまうという理由でしょう。
紫外線は冬の間は大丈夫・・・と3月まで日焼け止めも使わず(ついついめんどくさくてさぼっていた・・・)過ごしてきた方も多いでしょう。
今日からは必ず出かける前に日焼け止めを塗ってくださいね。

日焼け止めの主な成分は,紫外線を散乱,反射させる酸化チタンなどの『紫外線散乱剤』とUV-A(紫外線A波)やUV-B(紫外線B波)を吸収する化学物質『紫外線吸収剤』があります。いわゆる以前よりアレルギー反応が少なくノンケミカルタイプと呼ばれてきたのは『紫外線散乱剤』ですが,伸びが悪く,白浮きしやすい。最近では肌にマイルドな『紫外線吸収剤』が開発され,使用感のよいものも増えてきました。
では『どんな日焼け止めがいいんでしょうか?』
これは患者さんによくきかれる質問ですが,まず日焼け止めにかかれている『SPF』と『PA』表示に注目してください。『SPF』はどれだけUV-B(紫外線B波)を防ぐか『PA』はどれだけUV-A(紫外線A波)を防ぐかという指標です。
SPFは30〜50とPAは2+以上のものを選ぶことをおすすめします。あとはつけてみてその使用感を試してみることが大切です。毎日,ご自分の肌につかうものですから・・。

もちろん言うまでもありませんが,紫外線ケアには洋服,帽子,日傘,サングラスなどでブロックする物理的な方法も有効ですよ。

お知らせ
赤井クリニックでは,ラロッシュポゼの日やめ止めのスペシャルキットをご用意しました。ポーチとスキンケアグッズがついてちょっとお得な感じ(通常価格)です。

UVイデア XL 30g 3,150円(乳液タイプの日やけ止め。SPF 50  PA3+,軽い使用感。白く残らず、化粧下地としてもご使用いただけます。)←つけ心地がよいので私も気に入っています!

アンテリオス XL 50g 3,780円(クリームタイプの日やけ止め。SPF 50以上 PA3+日常からアウトドアまで幅広くご使用いただけます。)
メギゾリル®XL、®SX配合で、UVA、UVBを幅広くカバーします。
c0113980_1656571.jpgc0113980_16571332.jpg






赤井クリニックのホームページ

まるごと美容。
by amc-skincare | 2007-03-30 17:01 | スキンケア
スキンケアの疑問にお答えします。『間違いだらけのスキンケア』
桜が咲き始めました。風のない晴れた夜にはまるでスポットライトがあたっているかのように桜の花がひとつひとつ浮かび上がって,不思議と都会の空気までもが澄んだように感じます。
さては今日はスキンケアについて,お話したいと思います。
にきびに対する化粧品,スキンケア商品,スキンケア情報はいまや多すぎてとうていすべてを把握しきれないのが実情です。雑誌やインターネットなど情報が氾濫しすぎ,どの情報が自分にとって有益であるか,それを見極めるのはとても難しい,ましてや本当に正しいことなのか,誇大広告なのかさえ判断しにくいという場面によく遭遇するでしょう。
その疑問を解決するためにクリニックを訪れても『洗顔は1日2〜3回,きれいに洗って清潔にしてこの塗り薬をつけてください』などとわかりきったスキンケアを指導されて終わりというケースも少なくないようです。
スキンケアとはそもそも肌を清潔で健康な状態保つためのケアです。しかし,1)メイク落とし,2)洗顔,3)ローション,4)乳液,5)クリームなど化粧品の製品に基づいたステップになっており何の目的でそのスキンケアが行われているかということが忘れられがちになってしまいます。
スキンケアの基本は『よごれを取り除き清潔な状態を保つ』『皮脂のコントロール=余分な皮脂を取り除く』『十分な保湿をする=肌に水を貯える,または保水力をつける』という3点です。清潔+皮脂と水分のバランスこそがニキビに対しても重要なスキンケアの根幹なのです。
以下の項目をチェックしてみてください
□ 1日に5回以上洗顔をする。
□ 化粧水などをぬるとニキビが悪化するので何もつけない。
□ ニキビ用とかかれたローションなどを使用して乾燥肌になっている。
□ 毛穴の汚れが気になり,スクラブ洗顔やパックなどを週に3回以上行っている。
□ オイルクレンジングを使用している。
□ 洗髪のときリンスやトリートメントのすすぎが不十分である。

汚いからニキビになる・・・といって1日10回も洗顔をする,これは間違いです。にきび=あぶら,オイリースキンと思って,水分の大切さを無視して,保水をしないことは最も大きな間違いです。乾燥した環境ではにきびはどんどん悪化してしまいます。
毛穴の汚れ(角栓)ばかりに気を取られて,スクラブ,パックのやりすぎは,肌表面の保水のために大切な角質細胞のバリアを破壊してしまいます。
オイルクレンジングはメイクとともに正常な肌の油分を奪ってしまいます。
洗髪のとき,リンスやトリートメントが顔や,背中,胸に残った状態のままにするとこれもにきびが悪化する原因になります。
あなたのスキンケアは間違っていませんか?
by amc-skincare | 2007-03-28 23:46 | スキンケア
欧米ではランチタイムにニキビあとにも効く“ノンケミカルピール”が人気
東京は今日初雪とか。といっても朝7時にみぞれ程度が5分だそうですが。
冬に逆戻りの最近の天候に加えて,桜の開花情報もコンピューターミスとか,桜とは本当にほど遠い気分になってしまいます。しかし花粉だけは半端ではないようで,寒さと花粉症に気がめいっているこの頃です。
今日はケミカルピーリングは怖いんだけどという方にぜひお薦めの“ノンケミカルピール”についてお話ししたいと思います。
Microdermabrasion(マイクロダーマアブレージョン)はMicro(表層だけ)+derma(皮膚)+abrasion(削る)という意味のことばが合わさってできた言葉で文字通り“肌の表面のいらない組織を削り取る方法”です。酸化アルミナとよばれる低刺激性の金属を使用したマイクロダーマアブレージョンなどもありますが,当院では特に細かいパウダー状の塩の粒子を使用したソルトピーリングという治療を行っています。これはとても安全で効果的なピーリング法のひとつです。
c0113980_17354524.jpgケミカルピーリングと比較して特に効果が弱いということはありません。薬品を用いるケミカルピーリングが受けられなかった、強い反応が出過ぎたという敏感肌、乾燥肌の方も治療が受けられます。ソルトピーリングでは,肌の表層にある古くなって垢のようにポロポロとれる角質(これを英語ではdead and flaking cell)を肌を傷つけることなく(無理なく)取り除くわけです。また小さな表層性のニキビならその場で排出されてしまいます。またニキビになる前のmicrocomedoの状態のものまで取り除けますので,治療直後から肌の表面はつるつるになります。
c0113980_17305125.jpgc0113980_173138.jpg


 





ソルトピール用のパウダー塩          普通の食塩

ニキビあとの皮膚の凹凸や,赤みにも効果的です。消しゴムで消していくかのように次第ににきびあとが目立たなくなってきます。
顔全体の治療時間はわずか5分程度。その後ビタミンC、A、Eなど肌を活性化させるためのジェルを肌の奥まで浸透させるイオン導入やセラミド,ヒアルロン酸,各種アミノ酸などの美肌に有効な成分を浸透させる超音波導入を行っても30分程度です。
効果を得るためには2〜3週間に1度少なくとも6回程度の治療が必要です。繰り返しの治療で肌はみるみる健康的なつるつるした肌に変身していきます。
c0113980_17465251.jpgc0113980_1747029.jpg














このマイクロダーマアブレージョンはアメリカなどではとても人気があり,その手軽さから“ランチタイムピール”と呼ばれています。
ソルトピールはどんな肌に向いているでしょうか?
ケミカルピーリングの治療で強い反応が出たことがある方。敏感肌,乾燥肌でケミカルピーリングの治療は怖いなと思っていらっしゃる方,ニキビは出にくくなったが赤みを伴ったにきびあとが気になる方,お昼休みに気軽に治療を受けたい方など,健康な肌を目指す方は一度この治療にトライしてみてはいかがでしょう。
赤井クリニックのホームページ

まるごと美容。
by amc-skincare | 2007-03-16 18:05 | ニキビの治療
赤ニキビ・炎症ニキビを撃退する青い光治療,進化する光線力学治療。
1週間ぶりに更新いたしました。ここのところ気温が低めの日が続いていますが,日中は雲一つないとてもよい天気が続き,桜も早々開花しそうです。

さて今回は赤ニキビ,炎症ニキビに対する治療の話です。
数年前よりライトでニキビを治す画期的な治療法がでてきました。皮脂の分泌が増え毛穴がつまる非炎症性のニキビならまだしもP.acnes(アクネ菌)という細菌が増加して,ポルフィリン(おもにコプロポルフィリンⅢ)を産生する炎症性ニキビはその見た目,痛みなどから精神的ストレスも多くなり,それがますます悪循環になることがあります。
アクネ菌が産生するコプロポルフィリンⅢは415nm付近に吸収帯があり特殊な青い光を照射する治療(クリアライト,フォトフェイシャルアクネス,アイクリアなどという治療器があります)に反応します。このポルフィリンⅢに青い光が吸収され,光化学反応により活性酸素が発生し,アクネ菌を撃退しています。『毒(コプロポルフィリンⅢが作り出す活性酸素)でもって毒(アクネ菌)を制す』という今やニキビの治療には欠かせない治療法です。
c0113980_17144366.jpg
左)アクネ菌とポルフィルンの戦い 中)ポルフィリンがアクネ菌を撃退 右)炎症のない肌へ。

確かにクリアライトなどの青い光はアクネ菌が産生するポルフイリンに吸収されるのですが,これだけでは作用が不十分なことがあります。
そこで新しく始まったのが『ニキビの光線力学治療(Photo dynamic therapy:PDT)』よばれるポルフィリンを塗ってクリアライトなどの青い光を当てるという方法です。アクネ菌が出すポルフィリンだけでなく,外から別のタイプのポルフィリンを補充して,さらに治療効果を高めます。
アミノレブリン酸という薬が有名ですが,効果はあるものの、特に日本人の肌質では赤みや腫れなどの副作用が出たり,薬を使って24時間はかなり厳密に紫外線をさけなければならないなど日常生活の制限もあるため、気軽に受けられるものではなく、あまり普及しませんでした。
当クリニックでは『モリオン』という純粋な藻類から抽出されたクロロフィルa誘導体を用いた光線力学治療を行っています。このモリオンPDTは、効果はアミノレブリン酸よりやや弱いものの、副作用を心配する必要がないので、気軽に受けられます。肌の再生や健康な肌を得るための豊富なゲルであるモリオンによる光治療はは中程度〜重度の炎症を伴った赤ニキビの治療,脂性肌の改善だけでなく,シミ,シワ,毛穴の改善,肌のキメを整える効果もあります。
この方法は安全で痛みもなく,20分程度光をあてるという簡単な治療法です。
c0113980_17192244.jpg

週に1〜2回,8回程度の治療で効果が出てきます。
c0113980_17193376.jpgc0113980_17194217.jpg










痛い治療はいやだという赤ニキビ,炎症性ニキビでお悩みの方はお気軽にご相談くださいね。→ニキビとニキビの光治療
赤井クリニックのホームページ

まるごと美容。
by amc-skincare | 2007-03-09 17:24 | ニキビの治療
恐るべし白ニキビ。肌の奥にひそむ見えないにきび。
ついに3月。気温も気持ちも少しずつ春めいてきました。
この時期,受験や進学,就活とビッグイベントが続く中,期待+ストレスも大きくなり,皮膚にもその気持ちが伝わってしまうのか(?),肌のトラブルも増えてきます。さらに気候も手伝って,暖かくなってくると皮脂の分泌も活動的になり,増えてくるのが,白ニキビ。
c0113980_15482913.jpg
白ニキビの特徴
(1)毛孔が閉鎖する。
(2)ニキビ菌(P.acnes)が増加する。
(3)皮脂の分泌が亢進する。
(4)毛包壁が膨らんで薄くなる。




炎症がないので知らず知らずのうちに肌の奥で増殖しています。しかも何となく肌がざらざらしている程度であまり“ニキビ”という自覚がない場合が多いのがこのタイプです。もともと白ニキビとは毛穴の出口がつまって,皮脂が毛包内にたまった状態。
触ってみるとざらつきがあるのでわかりますが,ちょっと見ただけではにきびかどうか判断できないことも多々あります。
白ニキビは1つ2つでは問題になりませんが,増殖してくると大変です。女性の場合,月経前,排卵時などホルモン周期によって周期的に増えることがあります。とくにアゴ周り,フィイスラインなど脂の分泌があまり多くない場所にも。つまり毛穴が閉鎖されやすい部分に出来やすい傾向があるともいえます。
c0113980_16222323.jpg


白ニキビは放っておくと炎症性の赤ニキビになりやすく,ニキビが肌の表面にあらわれ,治りにくくなってしまいます。




白ニキビの治療のポイントは,肌の奥に潜んでいる間に取り去ってしまうことです。これはよく『にきびの圧出,英語ではextract』といわれる治療法です。
私のクリニックでは,ガラスの吸引管を使用してコメドを取る治療と炭酸ガスレーザーで小さな孔をあけて(コメドの出口を作成する方法です)清潔な状態でコメドを圧出する方法を行っています。c0113980_15535220.jpgc0113980_1557446.jpgc0113980_15572129.jpg










吸引治療でとれた白ニキビの実態がコレ!これが肌の奥に潜んでいた物体の正体です。治療後,少し赤くなりますが,『すっきりした・・・!』とおっしゃる方が多いです。肌がざらざらしてコメドがたまってくると,これを取り除きにいらっしゃる方もいらっしゃいますよ。
白ニキビに有効な薬としては『レチノイド様作用のある塗り薬』があります。これは日本では一般的ではありませんが,1994年にはヨーロッパで,1996年にはアメリカで承認され,現在50カ国以上の諸外国では非常にポピュラーな塗り薬です。うちでは“Dジェル”という名前で親しまれています。使用して数日後には軽い皮剥けがおこってくることがありますが,皮膚刺激性は少ない白ニキビを小さくする作用のあるお薬です。ピーリングはちょっと怖いけど,これなら...。

まとめ・・・白ニキビは白ニキビのうちに退治すること。有効な治療はレチノイド活性をもつ外用薬と吸引,炭酸ガスレーザーにより白ニキビ圧出。春が来る前に白ニキビを撲滅しましょう。基本的スキンケアに週に2〜3回程度,AHA(フルーツ酸)入りのピーリングソープやパパイン酵素入りのソープで角質ケアを行うと毛孔の閉鎖を防ぎ,白ニキビの予防になります。ただしピーリングソープの使いすぎには注意してくださいね。

c0113980_1683472.jpgクリニックでお薦めしてます!
メディソープパパイン(オレンジ)
敏感肌にもOK。パパイン酵素が古くなった角質を除去してくれます。
メディソープクリア(グリーン)
しっかりとしたピーリング効果。背中のケアなどボディにも使用できます。

赤井クリニックのホームページ

まるごと美容。
by amc-skincare | 2007-03-02 16:23 | ニキビの治療

赤井クリニック スキンケアでは にきび・にきび跡のプラズマ治療、スキンケア、脱毛に力をいれています。
by amc-skincare
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
横浜新クリニック
プラズマ
はじまり
ニキビの種類
ニキビと食べ物
ニキビの治療
ニキビの原因
Fiesta☺ 休日便
スキンケア
ニキビ痕(にきび跡)の治療
学会・講演
レーザー治療
肌に関する雑記
紫外線
お知らせ
美容皮膚科
巻き爪・爪トラブル
eCO2(エコツー)
にきび
アンチエイジング
以前の記事
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧