ブログトップ | ログイン

カテゴリ:プラズマ( 6 )
プラズマ・キャンペーン

024.gif067.gif024.gif

プラズマ・キャンペーン

早いもので,赤井クリニック スキンケアも開業5周年となります。067.gif
そこで大好評のプラズマ治療を,ぜひ多くの方に受けていただきたく,c0113980_13195215.jpg
キャンペーンを実施しています。

すでにこちらでご案内させていただいておりますが,
プラズマの効果に関しては,ホームページ・ブログをご参考にしていただければ,と思います。
ダウンタイムのある治療ではありますが,短期間で効果を上げるには,やはり「プラズマ」です。
「肌の質感の変化を実感!」「肌がモチモチした感じ!」「ニキビができにくくなった!」
などの感想を聞くと,私も「良かった!」と思いながら日々診療しています。

003.gif053.gif001.gif
by amc-skincare | 2011-02-03 13:23 | プラズマ
プラズマで にきび・にきび跡 (ニキビ・ニキビ痕) を治す
016.gif012.gif016.gif

プラズマで にきび・にきび跡 (ニキビ・ニキビ痕) を治す

今、プラズマの論文を書いてます。
患者さん写真を改めてみてみると、プラズマ特有の効果があるのがわかります。

治療前
c0113980_11155752.jpg

プラズマ治療後(中・高出力、各1回治療後1ヶ月)
c0113980_11163275.jpg


治療前
c0113980_11165450.jpg

プラズマ治療後(中・高出力、各1回治療後1ヶ月)
c0113980_111824100.jpg


にきび跡(ニキビ痕)だけでなく、活動性の にきび(ニキビ) も混在している患者さんは、肌質が大きく変わるのがわかります。
にきび(ニキビ)は、そもそも皮膚の機能異常が大きな原因です。
ダメージを受けて、にきび(ニキビ)癖のついた皮膚を新しくすることが、
好結果をもたらします。

024.gif011.gif024.gif
by amc-skincare | 2010-05-31 15:24 | プラズマ
プラズマの にきび・にきび跡(ニキビ・ニキビ痕)への効果
001.gif010.gif001.gif

本日よりブログ再開します。
まずは、 プラズマ から。

プラズマの にきび・にきび跡(ニキビ・ニキビ痕)への効果 066.gif

先日 プラズマ の写真を整理し改めてその効果を確認したので、わかりやすいものをピックアップ。

やはり、プラズマは にきび・にきび跡(ニキビ痕)にかなりの効果があります。
特筆すべきは、皮膚の機能的な改善による質感の変化です。
硬く乾燥していた肌が、柔らかくみずみずしくなります。
もちろん、プラズマ後のケアが必要なことは言うまでもありません。

プラズマ 治療前
c0113980_17503768.jpg

プラズマ 5回治療後  頑固なにきび・にきび跡(ニキビ・ニキビ痕)にも効果あり!
c0113980_17513682.jpg


プラズマ 治療前
c0113980_17523324.jpg

プラズマ 5回治療後 頑固なにきび・にきび跡(ニキビ・ニキビ痕)にも効果あり!
c0113980_17525499.jpg


プラズマ 治療前
c0113980_17565848.jpg

プラズマ 3回治療後 頑固なにきび(ニキビ)にも効果あり!
c0113980_1758570.jpg


プラズマ 治療前
c0113980_17583745.jpg

プラズマ 3回治療後 頑固なにきび(ニキビ)にも効果あり!
c0113980_1759185.jpg


プラズマ 治療前
c0113980_1802241.jpg

プラズマ 2回治療後 にきび・にきび跡(ニキビ・ニキビ痕)および肌質の改善
c0113980_1814867.jpg


プラズマ 治療前
c0113980_18357.jpg

プラズマ 1回治療後6日目
c0113980_1841695.jpg



プラズマ 治療前
c0113980_185786.jpg

プラズマ 2回治療後 にきび・にきび跡(ニキビ・ニキビ痕)および肌質の改善
c0113980_185489.jpg


当院で にきび・にきび跡 でプラズマ治療を希望される方のほとんどは、
すでにいろいろなところで、いろいろな治療を試された方々です。
残念ながら、これまでの治療が十分でなかった方でも、プラズマが効く可能性は十分あります。

001.gif016.gif001.gif
by amc-skincare | 2010-05-29 18:11 | プラズマ
1回のプラズマ治療で にきび・にきび跡 はどのくらいの変化があるの?
012.gif023.gif016.gif
プラズマによる にきび・にきび跡 治療
1回のプラズマ治療でどのくらいの変化があるの?


プラズマが「にきび・にきび跡」に大きな効果があることは、機会がある度に説明してきました。プラズマ後の皮膚の再生のメカニズムについても、実際の皮膚組織、免疫染色などの特殊な方法により明らかになってきました。このブログでは、実際にプラズマ治療を受けた患者さんを検証し、できる限り新しいプラズマの情報を発信していきます。

最近、実際にクリニックを訪れる患者さんから、1回のプラズマ治療で「にきび・にきび跡」にどのくらいの効果があるのかというご質問をよく受けます。今回は、1回のプラズマ治療でどの程度の変化が期待できのるかを実際の症例をもとに見ていきます。

「にきび・にきび跡」にたいするプラズマ治療といっても、「にきび・にきび跡」の程度やプラズマの出力により治療後の経過、結果は異なります。プラズマを同じ出力、ショット数で治療しても肌質により反応が異なる事は多々あります。
初診時にプラズマ治療を希望される「にきび・にきび跡」の患者さんの中には、これまでに他院にてケミカルピーリングや光治療、レーザー治療、内服・軟膏治療などを受けたにもかかわらず治らなかった難治性の「にきび・にきび跡」の場合が多くみられます。

「にきび・にきび跡」治療のプラズマの出力は、基本的には中出力で行います。低出力では思ったほどの効果は期待できません。高出力で行うことも稀ではありませんが、肌質や肌色などを考慮して慎重に設定します。

治療後はプラズマ照射部位に一致して発赤がみられます。多少火照った感じやヒリヒリした感じがあるかもしれません。
翌日には、赤味が引いて少し茶色味がかってきます。この時期はプラズマの影響を受けた真皮上層部までの部位が乾燥しないように十分な保湿と刺激を加えないような注意が必要です。
3日目になると表層の皮膚が向けてくる事もあります。無理に引っ張ったりしないでください。色素沈着が起きることがあります。
4日目からはほとんどの方が、茶色に変色した皮膚がとれてきます。
5日目にかけてほとんどの部位の皮膚が新しい皮膚に置き換わります。皮膚が再生したら軟膏の塗布の必要はありません。ただし、十分な保湿は大切です。同時に成長因子入りローションや成長因子入りジェルが速やかな皮膚再生を促します。
その後は、次回の来院日まで同様のケアを続けます。
最初は少しピンクがかったり、茶色っぽく見えることもありますが、2-3週間で自然な新しい皮膚に変化していきます。

プラズマ治療後の組織の変化は少なくともプラズマ治療後2-3ヶ月までは変化(改善)します。type3コラーゲンがtype1コラーゲンに置き換わるまでは、比較的大きな変化(改善)が期待できます。この変化(改善)は、外見はもとより実際の皮膚の質感の変化となって現れてきます。

実際の患者さんの表現では、
ガサつきがなくなりしっとりした
皮膚が柔らかくなった
つるっとした皮膚になった
肌がスベスベした、滑らかになった
などいろいろな表現で変化を実感できるようです。

にきびの患者さんでは、新しいにきびができなくなる、あるいはできにくくなることも実感できます。
ただし、1回のプラズマ治療で将来にわたり、にきびができなくなる訳ではありません。プラズマ治療でこれまでのにきび癖のついた皮膚を新しくし、きれいになったところでその状態を維持するケアが必要です。クリニックでは、それぞれの患者さんの肌の状態にあわせた効果的なケアの方法を提案します。

それでは実際の患者さんたちの変化を見ましょう。

「にきび・にきび跡」の1回のプラズマ治療前後の写真です。

c0113980_7365037.jpg

プラズマ1回治療後 3週間では
c0113980_7382016.jpg


フェイスラインに繰り返すにきび   プラズマ高出力で1回治療
c0113980_7391374.jpg

治療後6週間
c0113980_7411650.jpg


いろいろな治療に抵抗する難治性のにきび
c0113980_7425237.jpg

プラズマ治療後(中出力)3週間  新たなにきびの減少とにきび跡の改善が著明
c0113980_7444074.jpg

同症例の反対側
c0113980_746338.jpg

プラズマ治療後(中出力)3週間  新たなにきびの減少とにきび跡の改善が著明
c0113980_747789.jpg

同様に難治性、治療抵抗性のにきび 一部は瘢痕(にきび跡)になっている
c0113980_1225622.jpg

プラズマ治療後(中出力)3週間 感染を起こしているにきび、にきび跡ともに改善
c0113980_12264732.jpg


実際の変化を見るとプラズマの効果がわかりやすいと思います。
プラズマは活動性のにきびを抑えると同時ににきび跡を改善する効果を併せ持ってます。慢性的なにきびや突然に悪化したにきび、繰り返す難治性のにきびなどの場合には、現在活動している感染性のにきびだけでなく、にきび跡も同時に治療しなければなりません。それらの場合の治療法のひとつとしてプラズマは非常に優れた効果があります。また、1回の治療で目に見える効果が実感できます。にきび・にきび跡にお悩み患者さんにとっては、有力な選択肢といえます。


058.gif058.gif058.gif072.gif072.gif072.gif011.gif011.gif011.gif

赤井クリニック
赤井クリニック スキンケア
by amc-skincare | 2009-11-18 07:33 | プラズマ
プラズマの学会報告 (日本美容外科学会 9/25~26 横浜)
012.gif003.gif012.gif
9月25日・26日に横浜で開催された日本美容外科学会で僕が発表したプラズマに関する3つの演題の概要について報告します。
内容はちょっと学術的なことになります。

プラズマ照射前後数週間の皮膚の細胞の変化を調べてみるととても興味深い変化があったことがわかりました。
治療直後には表皮の大部分(2/3〜4/5)の細胞がプラズマの影響を受けて変性しているのですが、はがれ落ちずにそのままの場所にとどまり皮膚のバリアとして機能を保っているのです。これが早く皮膚を再生できる大きなファクターです。

治療後2日目にはさっそく新しい表皮細胞が基底膜から再生され、その細胞はとても元気で、細胞の活性が上がり、すでに皮膚の再生が始まっていることがわかります。

それと同時に2日目にはプラズマの間接的なエネルギーの影響を受けた真皮層のコラーゲン(最初はタイプ3コラーゲン)の増勢もみられます。このタイプ3コラーゲンは数週間から3ヶ月でタイプ1コラーゲンへと置き換わっていきます。
c0113980_19225030.jpg
 治療前 (表皮と真皮の間でうっすら茶色に染まっているのが基底膜、type4 コラーゲン染色)
c0113980_19242893.jpg
 治療直後 (基底膜に変化は無い)
c0113980_19251929.jpg
 治療後2日 (基底膜の染色なし。プラズマエネルギーの間接的な影響が基底膜を超えて真皮まで及んでいる)
c0113980_19263882.jpg
 治療後5日 (基底膜は再生し皮膚の再生が完了している)

何が興味深いかというと、プラズマの直接作用によりにより破壊された表皮層と間接作用により変性を受けた基底膜および真皮の上層が翌日にはもう新たな細胞を産生し、皮膚を再生する活性があがっていること、ダメージを受けている皮膚がたった4日で再生完了していること、真皮のコラーゲン活性があがっていること、この3つが細胞レベルで確認できたことです。

プラズマに関する臨床的な結果はいくつかの報告がありますが、細胞活性レベルでの詳細な経時的変化が明らかになったのは初めてで、実際の治療後の変化の理由がわかってすっきりした気持ちです。

こういったミクロの変化をみると、プラズマがにきび・にきび跡に効果があるのはもちろん、しわ・たるみ・くすみなどのアンチエイジング治療にも健康な皮膚を再生させるという意味で優れた効果を発揮する訳がわかります。

患者さんの満足度NO.1の美肌治療『プラズマ』の学会報告情報でした。
072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif072.gif064.gif064.gif064.gif064.gif064.gif064.gif064.gif064.gif064.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif058.gif

赤井クリニック
赤井クリニック スキンケア
by amc-skincare | 2009-10-14 19:28 | プラズマ
フェイスラインのニキビ・ニキビ痕にもプラズマが効く
010.gif011.gif016.gif
ニキビ(にきび)・ニキビ痕(にきび跡)の中でも治療が難しいのが
フェイスラインからあご・首にかけてのニキビ・ニキビ痕(にきび・にきび跡)。
なんの前触れもなく、突然できて、往々にして炎症がひどくなる。
内服や軟膏ではなかなか治らない。ケミカルピーリングも効きにくい。
悪循環が続き、ニキビ痕(にきび跡)やケロイドになってしまうことも。
そんなニキビ(にきび)にも、プラズマは絶大な効果を発揮します。
c0113980_12414891.jpg

フェイスラインからあご・首にかけてのニキビ(集簇性・膿疱性のにきび)、炎症も激しい。

c0113980_12432673.jpg

プラズマ1回目治療後2週間、新たなニキビの発生が著明に減少、炎症もかなり治まってきている。

c0113980_12445178.jpg

プラズマ4回治療後2週間、フェイスラインからあご・首にかけてのニキビの著明な改善。
にきび跡(ニキビ痕)もほとんど改善している。 肌自身の保水力も向上し、健康な肌の機能が営まれ、肌質の改善がわかる。

赤井クリニック
赤井クリニック スキンケア
by amc-skincare | 2009-07-01 12:49 | プラズマ

赤井クリニック スキンケアでは にきび・にきび跡のプラズマ治療、スキンケア、脱毛に力をいれています。
by amc-skincare
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
横浜新クリニック
プラズマ
はじまり
ニキビの種類
ニキビと食べ物
ニキビの治療
ニキビの原因
Fiesta☺ 休日便
スキンケア
ニキビ痕(にきび跡)の治療
学会・講演
レーザー治療
肌に関する雑記
紫外線
お知らせ
美容皮膚科
巻き爪・爪トラブル
eCO2(エコツー)
にきび
アンチエイジング
以前の記事
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 06月
2013年 03月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧